システムズリサーチ業務内容 2003年4月以降


▼業務は以下の
1~4です
Systems Research Ltd.
大阪府豊中市在住です。
チーフコンサルタント 吉田繁治
↓講演や業務以来のコンタクトは電子メールで。
yoshida@cool-knowledge.com

*ホームページである関係上、住所や電話番号を掲載できず、
恐縮に存じます。

【講演】
料金は若干高めですが内容の自信はあり。
1.ゲスト講師としての講演※今までの15年で、およそ6000時間のキャリアです

■講演時間2時間以内の基本料金 23万円(消費税は別建て)
 (1)2時間を超えるとき、1時間超過毎に+3万円
 (2)交通・宿泊費は、別途実費が必要です。
  (新大阪駅、または伊丹空港を起点とします)
 (3)日帰り圏外で、宿泊を必要とする時は、+3万円
 (4)配布テキスト・レジュメの作成料を含みます
 (5)セミナー業者が主催する講演会は、会の趣旨に応じ、メールで別途打ち合せします。
 ※事前打ち合わせが必要な時は、原則としてメールか電話で行います。
 なお消費税は別建てです。
【テーマ】
専門テーマは
幅広い
講演のテーマの幅 ■実際のテーマは、メールでの打ち合せによって決定します 
過去のテーマの大枠は以下の通りです。
メールマガジンを参照いただくとテーマの枠組みも分かります。
成功する経営戦略、情報システム戦略、リーダシップ経営、流通戦略・商品戦略、カテゴリーマネジメント、在庫/商品管理、発注管理、顧客情報管理、情報システム、情報技術、ネットワーク利用、物流・倉庫管理、サプライチェーンマネジメント、CRM(顧客との良好な関係の維持・強化)、組織戦略、経営管理、財務管理、財務戦略、経済論、金融論、海外流通業、各部署の現場作業システム・・・等
【指導】
貴社内での
指導です
2.利益を上げる経営と情報システムの指導※経営と、現場の実地教育と指導 ■1日あたり基本料金 23万円 現地への交通費・宿泊費は別途実費が必要です
 幹部、中間管理職、現場の教育・指導を含みます。
 ※日帰り圏外で宿泊が必要なときは、+3万円。
 いずれも消費税は別建てです。
【研究開発/企画】
貴社指定のテーマでの研究・開発の受託です
3.研究開発/企画※経営戦略/物流戦略/情報システム等の企画・立案・設計、及び付帯指導 ■基本料金を、1単位115万円として見積もり 目安は、23万円×必要な研究と開発の日数(消費税は別建てです。)
【ブレイン】
6ヶ月単位でのブレイン契約を行って全社指導を行うものです
4.ブレイン契約での経営戦略指導及び幹部と現場の教育 ■6ヶ月を1単位とする契約で、125万円です。
(月間1日×6回:日帰りの指導及び教育の時)
(※前泊または後泊を要する地域は、+18万円)
■月間2日×6回が必要な時は、240万円です。
 ※交通費・宿泊費は、別途実費が必要です。
 (消費税は別建てです。)
【基本方針】
指導と教育の
基本方針
(あらかじめお読みください)
(1)経営指導、幹部・現場教育と指導は、各社のトップ、または大部門の責任者を専門的、または包括的なコンサルタントとして補佐し、ブレイン活動を行うものです。

(2)したがって、上記3.研究開発と上記4.ブレイン契約では、最初に、トップまたは部門責任者の方との、直接の打ち合せを、貴社の現場を訪問の上で、行うことがあります。(※その時の費用は、1日あたり10万円+旅費・交通費です)

(3)その際、指導と教育の目標(Goal)を話し合い、提案します。
(4)お互いの合意を確認し、その後のブレイン活動を行います。
(5)貴社や、指導部門の利益と数値資料が、必要になるケースもあります。
(6)研究/開発/企画の受託、及びブレイン活動では、貴社に、担当事務局を設置していただきます。

(7)トップまたは責任者の方は、大変お手数ですが有効な効果を挙げる目的のため、現場教育と指導では、時間の許す限り同席していただくことを、お願いしています。

【コンタクト】
最初は電子メールでお願いします
■最初のコンタクトの方法
コンタクトの後、方法を打ち合せします
■スケジュール及び希望内容、方法、料金等について
要求項目を記し↓電子メールでコンタクトしてください
yoshida@cool-konowledge.com
(窓口となるご担当者名、電話を明記のこと)
大学での専攻は少し奇妙な分野でした。でもこれが今とても役立ってますね。 ■主な経歴と業歴 東京大学卒 専攻はフランス哲学
(旧)通産省情報処理振興審議会専門委員等歴任
情報システム全般のグランドデザインの実績
各社の経営とIT指導  ⇒詳細は著者紹介へ
日本の会社と産業への私の想いです 私の想いと最新の考察 メールマガジンへの想いへ
WEB掲載の各種考察へ